ILO - I love compositing!!

CG,VFX、コンポジットの情報系ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コンポジットテスト

制作中の動画の途中をUPしてみました。



動画を見ても内容がさっぱりわからないとおっしゃるかもしれません。

そうですね、今回はMADとまったく関係ない内容です。デモリールに載せるための動画なんです。
内容はコンポジットで3Dと2Dを組み合わせた動画にしようと思ってたんですが
この2Dと3Dのすり合わせが非常見難しいです。

何も考えずにこういうシーンを作ろうって決めて作り始めたのですが途中でいろいろ壁にぶちあったってます。
どういうことか例を上げると
3Dでレンダリングしたシーン(アニメーション)をAEでコンポジットする場合オブジェクトの前後関係
を調整するのが難しいこと。
何言ってるかわからないですねw動画を見てもらったらわかると思うんですが、橋がシーンにあると思います。
この橋は静止画でAEで合成してるんですがその橋の木との前後関係が破綻していると思います。
橋のモーションもおかしいです。

この橋は、3Dで作りレンダリングした地面と左側の壁そして線路のワイヤーを支えている枠(?)となにかしら接して(重なって)います。
オブジェクト同士が接している(重なっている)ということは必ず前後関係が状況から判断できるのですが
この動画では橋が常に左右の木々の前にあるのでおかしいのです。

この橋と左右の木々は静止画でAE上でコンプしています。右側の壁もそうです。
しかし左側の壁はBlenderで作成した動画です。
橋と右側の壁との前後関係、重なり具合を正確にするには橋側をマスクできるか壁のマットをを用意するしかありません。
この処理が非常にややこしくて難しいです。
加えて橋と地面とのモーションの一致もおかしいです。
理由は中央の地面のパースが他のと合っていないからです。
中央の地面は切り抜いた静止画をBlender側でカメラマップしているので地面が長方形に伸びているわけではなく
三角形に延ばされているのです。

BlenderとAEとのカメラマッチはと思う方がいるかもしれませんがそれは二つのアプリケーション間のカメラをマッチさせるスクリプトがあるので大丈夫です。

橋と鉄枠との合成はうまくいっています。これは鉄枠のマットを用意すれば解決できました。

文字だけじゃ何の事を言ってるかわかりずらいですね。。余裕ができれば動画にしてお伝えできたらいいなと思っています。

あと合成はすべてAEで行ってるわけではありません。
Blenderで出力したモーションベクターのパスをAEでは処理できないのでBlenderのコンポジットで処理しています。
マルチレイヤーで出力した各チャンネルはBlenderで合成したほうが楽だなと思いました。

結局現在はオブジェクトのほとんどをBlender側で制作することに…
AEの出番が減っちゃいましたw

Nukeがあれば色々解決できそうなのになと思います。
スポンサーサイト
  1. 2010/05/27(木) 21:47:25|
  2. Blender
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<AEPN2 プチコンペティション | ホーム | sclptris2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://resoant.blog84.fc2.com/tb.php/87-cf5ebae3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。