ILO - I love compositing!!

CG,VFX、コンポジットの情報系ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【Blender】ビルの階段【3Dシーン】

以前途中まで作成した階段のシーンをテクスチャのっけて完成させました。

以前はAOのみでしたね。

OldStair_AOO_aporoximate_fall0-100.png

AOの設定がうまくいかずが失敗した例です。

それからモデルをUV展開してテクスチャつけました。
UV展開とテクスチャは3D作成でもあまり好きではない部分だったんですがやってみると
結構楽しいです。

シェーダーとレンダリングはLuxRenderを使用。

����������������3����... on Twitpic

(Twipicに飛びます)

LuxのいいところはLightGroupを設定してレンダリング中でもライトの光量を調節できるところです。
なので何度もレンダリグしなおさなくてもいいところが素晴らしいですね。
ただ納得がいくような仕上がりになるまで非常に時間はかかります。

このシーンをレンダリングする前にテストをしたんですが
どういうテストかというとテクスチャはBlenderで設定したものが反映されるのか
ということと同様にBumpMapはBlenderで設定したのが反映されるのかということです。

テスト結果ではUV展開したテクスチャでもちゃんと反映されていたんですが
LuxBlend側でテクスチャとBumpMap用のテクスチャのフォルダパスを再度指定してやらなければ
いけないみたいです。

BumpMap用のテクスチャはBlenderでテクスチャノードを使ってグレースケール化したんですが
そのグレースケール化したイメージを保存しないとだめなのでめんどいなぁという感じです。。
なのでBumpMap使ってませんw

なんで壁のBrickの光の反射とか影とかのでき具合がちょっと変かなという感じです。

シェーダーの設定が全マテリアルに対して変だなぁと思うんでもうちょっと練習が必要見たいです。



次は人体モデリング中。次こそは完成させるぞ!
スポンサーサイト
  1. 2010/01/17(日) 22:15:55|
  2. 自作壁紙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Logo2 | ホーム | 気になる映画とか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://resoant.blog84.fc2.com/tb.php/54-ed7c1d30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。