ILO - I love compositing!!

CG,VFX、コンポジットの情報系ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Yafaray

Yafarayでレンダリングのテストしてます。

テクスチャに入る前にレンダリングのテストをしておこうと思いまして。
まぁなんてったって初めて導入するわけなのでいきなりやるよりも少し慣れておいたほうがいいかなと。

Dierctlight_AO_monky.png

かなりリアルにレンダリングできます。
マテリアルの設定はBlender内で設定したものが適用されるのではなくYafarayで設定しないとだめみたいです。
ただテクスチャの設定はBlenderでいいみたいです。

テクスチャ+エリアライト+HDRI ライトは3点ポイントライティングです。
ライティング方法もいろんなのがあってPhoton lightingとかPath Tracingとかありますが時間がかかる
+ノイズが目立つ ので使い勝手が難しいですね。Photonの場合粒子が飛び散ってるような跡が出てるので
いろいろ試行錯誤が必要みたいです。

Dierctlight_monky.png


DOF(被写界深度)も設定できるんですがAA(アンチエイリアス)とAP(アンチパス)の値を上げないと
汚いブラーになってしまいます。ただこのサンプル数を上げると重たくなります。
この写真はあんまりブラーかかってないですね^^;
DOF.png

アップ版、HDRイメージを変えてみました。前3つの写真はわかりずらいですがこうアップしてるとわかりますが
テクスチャ使っています。傷が入ったようなテクスチャを使用しているのがわかると思います。
DOFをかければもっといい画像になったかも。
yafaray_UP.png

+テクスチャ とGlossy Refrectionを0にしたもの。
こう質感を自由に変えられるのは楽しいですね。
yafaray_noGlRe.png

スポンサーサイト
  1. 2009/12/04(金) 23:10:04|
  2. Blender
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<OpenEXRによる合成 | ホーム | 【モデリング】古いビルの非常階段?1AAO【Blender】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://resoant.blog84.fc2.com/tb.php/35-a4aa2f72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。