ILO - I love compositing!!

CG,VFX、コンポジットの情報系ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

edge detect 輪郭検出【AE】

今回の輪郭検出とはアルファ付きの素材、もしくはキーイングした素材のアルファに沿ったエッジを抽出する方法です。
まずアルファ素材を用意します。
detect01.jpg

detect02.jpg

白の部分が不透明度100%の部分です。

このレイヤーを複製します。
複製したレイヤー(一番上のレイヤー)に マット>チョークもしくはマットチョークをかけます。
下のレイヤーを選択してトラックマットをアルファ反転にするとエッジ部分が抽出されるはずです。

detect03.jpg

チョークエフェクトの値を調節してやるとエッジを狭くしたり太くしたりできます。
ぼかしたり細かく調節してやりたければマットチョークを使えばいいです。

チョークエフェクトのいいところはマットを縮小させるだけでなく拡張させられるところです。
故に下のレイヤー(original)のレイヤーに対してもチョークをかけて拡張させてやると余裕を持ったエッジ部分のマスクが作れます。

使い道はいろいろ。これをマスクにしてエッジ部分を調節できるんじゃないでしょうかね。

マスクにする方法はAEだと調製レイヤーを置いてこのマスクコンプを調整レイヤーのトラックマットにするとか。

Nukeだとノードに付いてるmask矢印をつなげるだけ。簡単だね…

NukeのEdgeDetectノードはまた違う。
画像内のエッジを抽出してくれる(alphaになってる)。

こんな感じに。
detect04.jpg

AEにも輪郭検出っていうエフェクトがある。
でもあれ変な色ついたりするし使い道あるのか…って思ってしまう。

使いやすくするために輪郭検出をかけたあと色調補正>色合い、で白黒にし、色調補正>トーンカーブで
締めるとまだマシになるけどあんまりいい結果にはならないみたいだ。むーん。
スポンサーサイト
  1. 2011/02/02(水) 21:28:16|
  2. 合成
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Light wrap【AE】 | ホーム | CGwiki>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://resoant.blog84.fc2.com/tb.php/177-7a6d1cf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。