ILO - I love compositing!!

CG,VFX、コンポジットの情報系ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【Nuke】sky replacement 2 

前回の続きです。

空を抜いたあとに別の空のイメージをMerge nodeとかで合成するのですが
そのまま合成すると抜いた後のエッジが白く残って目立ちます。
(エッジが白く残るというのはここでは空の色が白だからです。抜いた部分の色が置き換えた背景となじまない場合のみ)

なので白いエッジ部分を背景となじませます。
内容は前回紹介したyoutubeの動画とほぼ同じなので今回は説明をかなり省略してます。

122403.jpg
元画像

前回と画像は変わりますがやってることは同じです。


122401.jpg
最終合成とノード

概要を言えば白く残るエッジ部分にマスクを作ってそこにmathのmultiplyノードで黒くなじませてやればいいわけです。

KeyerとrotoノードをMergeしたあと流れが2手に分かれていますが、左側はエッジ部分のマスクを作るフローになっっており右側はそのマスクを用いて math Multiplyをかけています。

左側でまず最初にEdgeDetect ノードを使ってエッジを抽出します。
Keyerで抜いた部分のエッジだけ抽出出来ればいいのですがここではなかなかうまくいかないので
Rotoノードでいらない部分をマスクしてMergeノードのOutでいらない部分を除外します。

122402.jpg

その後Erode(blur)でマスク部分の範囲を調節
Blurで若干マスク部分をぼかします。

あとはそれをMultiplyのmaskにコネクトして色とかグレイドを調節したあと背景の空のイメージと合成して
終了です。

youtubeの動画と同じようにしてもなかなかうまくなじまなかったので若干他のノードを加えたりしたのですが
それでもいい結果を得られませんでしたが最初に戻ってKeyerをあれこれ調節してやるとなんかうまくいきましたw

ColorLookUpはAEでいうとトーンカーブみたいなノードです。
AEで同じようなことしようとすると以前の(※4)レイヤーをプリコンプした後トーンカーブ(アルファ)で
アルファを絞ってやるとうまくいくのでNukeでも同じようなことしようとした結果です。

replace11.jpg
※4

気になること
PremultノードはやはりLightwrapのあとにかけたほうがいいのかな?
なんかPremultは一番最後(Mergeの前)に持ってくるのがいいような気がする。
スポンサーサイト
  1. 2010/12/24(金) 22:55:29|
  2. Nuke
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Nukeでお勉強 | ホーム | 【Nuke】チャンネルを用いたマットで空を置き換える【AE】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://resoant.blog84.fc2.com/tb.php/168-833c776d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。