ILO - I love compositing!!

CG,VFX、コンポジットの情報系ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キーイングをする前に

マスクのTips的な何かを書こうと思います。


グリーンバック素材をキーイングする際、適当なラフマスクを作成してからエフェクトかけます。

抜きたい対象物以外何もない素材というのはなかなかないものです。
撮影のセットや環境によって一部だけ背景にグリーンスクリーンを使っているというものが多いです。

たとえば下の画像のように頭の後ろにグリーンスクリーンを配置しているときなどあります。


keying_00.jpg
こういう場合たいていは髪などのディティールをロトスコープするのは手間がかかる上綺麗に抜けないからです。


キーイングの前に簡易マスクを作成します。
keying_01.jpg


グリーンバックでの撮影素材はフレーム内に何かしら余計なものが映っているのでそれを除外するためです。
このときのマスクはラフでかまいません。

加えてキーアウトする色のサンプルの範囲を狭めるためです。
グリーンバックといえど色が均一になっていることは少ないし、カメラの枠に向かうにつれ明度が下がっていることもあるのでラフマスクを作ることでこの色のグラデーションの範囲を狭めることでキーイングを簡易化します。

上のような割と人物がアップの素材の場合ラフマスクをひとつで済ますようなことはあまりしません。
髪と服のエッジのディティールを維持するのに同じキーエフェクトの同じプロパティだとどっちかのエッジを犠牲にしなければならないからです。

この場合髪と胴体用のレイヤーを作ってそれぞれにマスクをかけます。
keying_03.jpg

keying_02.jpg

そしてそれぞれにキーイングエフェクトをかけてプロパティを調節します。

AfterEffectsにはCS3以降からキーイングエフェクトにkeylightという優秀なエフェクトが入っていますので
AEを使っている人はグリーンバック素材をキーイングをするとき大体このエフェクトを用いていると思います。

素材レイヤーにkeylightを適用してエフェクトコントロールパネルを見るとViewの項目がFinal Resultになっていると思いますが、このFinal Resultというのは勝手にスピル処理を施している状態なのです。

この自動のスピル処理は正直あんまりよくありません。
素材の色が変わったり少し黒ずんだようになったりするのでスピル処理は合成時に別処理を施します。

Viewの項目からFinal Resultの上にあるIntermediate Resultにします。
この状態のとき自動スピル処理は施されていません。

keying_06.jpg


これで後はエフェクトのプロパティを適当に調節するだけです。

こういった人物のアップの場合髪の毛はキーイングエフェクトを用いるよりもチャンネルを用いた白黒のハイコントラストマット(ルミナンスマット)を作って処理したほうが綺麗に抜ける場合があります。。とりあえずここでは割愛させてもらいます。

動画素材はカメラやシーンによってノイズが非常に強い場合があります。
そういう場合たいていはノイズキャンセルのエフェクトをかけてからキーイングします。

しかし素材にノイズ除去エフェクトをかけた場合画像がひらべったくなってしまいます。

keying_04.jpg

こういう場合ノイズを除去した後に再度ノイズエフェクトを加えるのではなくてトラックマットもしくはマット設定を用いて処理します。

というかノイズ系のエフェクトはは非常に重たいのでダブルでかけたくありません
ノイズ除去しても完全にノイズを消すことはできないし、元のノイズとノイズエフェクトを合わせるのは手間がかかります。

たとえばノイズ除去をした後keylightを用いてキーイングした場合
そのレイヤーを複製して、複製したレイヤーの一方のエフェクトをすべて消去するかオフにします。
ノイズ除去とkeylightをかけたレイヤーをAとして何もエフェクトがかかってない素のレイヤーをBとします。

BのレイヤーをAのレイヤーの下に持ってきてBのレイヤーのトラックマット設定をアルファマットにします。
keying_08.jpg

もしくはAのレイヤーをプリコンプしてBのレイヤーにエフェクト-チャンネル>マット設定を適用し、
エフェクトコントロールのレイヤーからマットを取り込むをAレイヤーにしてその下のマットに使用をアルファチャンネルにします。

こうすることで元の素材をキーイングした形でくりぬいてくれるのでノイズやカラー情報は元の素材を維持したままになります。

keylightの項目でViewをScreen Matteにするとアルファ情報がグレースケールで表示されるのでBレイヤーのトラックマットをルミナンスマットにしても同じようになります。



スポンサーサイト
  1. 2010/11/21(日) 21:15:33|
  2. 合成
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<CGメモ | ホーム | 微妙な調整に時間がかかるんです>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://resoant.blog84.fc2.com/tb.php/164-0aa45472
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。