ILO - I love compositing!!

CG,VFX、コンポジットの情報系ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Pixel Farm to Unveil Radical New Tracking Solution at Siggraph

■Pixel Farm to Unveil Radical New Tracking Solution at Siggraph



fxguideTVでシーグラフ20011でのPFmatchitのことが放送されてました。
http://media.fxguide.com/fxguidetv/fxguidetv-ep088.mov

以前の記事でも少しだけ紹介したのですがSiggraphでの新しい記事を見つけたので改めて書こうと思います。
かなり意訳がはいっていますがあしからず。

PFmatchitの特徴は完全に新しいアーキテクチャを採用しているというところ。インターフェイスを見てもらうとわかるようにトラッキングプログラムでは珍しいノードベースシステムを用いています。

ノードベースの利点
ノードベースシステムを採用することでトラッキングのワークフローに関してロジカルに考えることができる。
アーティストは個々のオペレーションをそれぞれの側面から完全に制御することが出来る。
異なったアプローチを非破壊的に実験できる。
データの共有がより柔軟に行える。

GPUアクセラレーション、64bitアプリケーションに最適化。OSX、Windows、Linuxのプラットフォームにネイティブで対応。
この新しいアーキテクチャはメタデータマネージメント、フルインテグレートされたパイソンスクリプト、ワークフローのカスタマイズ,ローリングシャッター補正、イメージディストーションツールなどの多数の機能を支える。

3Dビューでカメラの動きを確認したりカメラを操作することができる。3Dカメラがどのように動くかというヒントを生成する、これは以前はトラッキング不可能だったものを解決する。

サードパーティアプリケーションを使わなくても新しいレンズディスとーションツール、コンバートなしのRED RAWをサポートしたローリングシャッター補正、ステレオレビューツールを使ってマッチムーブが可能。

気になるお値段ですが現在同社が提供しているPFTrackというトラッキングソフトが3300ドルに対してPFmatchitは700ドルくらいになる予定。
円に換算(1ドル85円として)して大体6万円ですね。
これは正直かなり安い部類に入るんじゃないでしょうか。
Syntheyes2008の64bit版がシングルで499ドル、日本円に直して42,849円とそれほど差がないものとなっています。
いまやウン百万円するBoujuとか買わなくてもクオリティの高いトラッキングソフトが買える時代になったのですね。

pixel firmのロゴの牛さんかわいいですね~


■catch syntheyes 2011 previews at siggraph

Syntheyes-2011-previews-at-siggraph.jpg

続けて同じくマッチムーブソフトのSyntheyes2011の情報を。
2011の新機能
visual effects artists can create 3-D models of the set on which shots were originally recorded, as an aid to adding new effects such as CGI creatures, or enhancing the appearance of the set, for example extending it or enhancing the art direction. Compositing artists can use the new features to build layered 3-D environments as well.

うーんよくわからない…w
Visual effects artists can create 3-D models of the set
アーティストはセット上に3Dモデルを作成できるっていうのはわかるんですが、その後のon which shots were originally recorded, as an aid to adding new effects such as CGI creatures, or enhancing the appearance of the set,
がよくわからない。
直訳すると「CGIクリーチャーのような新しいエフェクトを追加したりあるいはセットの外観を向上を支援するものとしてショットは本来記録された」
つまりもともとあった3DオブジェクトにさらにSyntheyes上で3Dオブジェクトを作成できるってことなんかな。
わかる方教えてw

2008+1版を購入すると9月に発売される2011を無償でアップグレードできます。


スポンサーサイト
  1. 2010/08/06(金) 11:47:50|
  2. 他CG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Blenderニュース | ホーム | Ramen:Open Source HDR Node Compositor>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://resoant.blog84.fc2.com/tb.php/134-4a4f912e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。