ILO - I love compositing!!

CG,VFX、コンポジットの情報系ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Logo2

暇だったので作ってみた。

logo2.jpg

3Dモデルはそのままでノーマルマップだけ書き出してAEでライティング。
Normalityいいわ~w

プラグイン http://www.minning.de/software/normality-user-guide

最近は静止画作成をAEでやるようになってきました、Psの代わり、
だってAEのほうがエフェクト豊富で使いやすい感じがしますもん。
エフェクトのオンオフの切り替えができて便利~

もちろんPsも使っていますがペイントするとき以外あんまり使わないかな?

そんなことより借金やばい

みんな金利の計算知ってるかい?!

例えば100万借りたとして利息が年3%だったとしよう。
これを3年で返さないといけないようになった。

最終的にいくら支払えばいい?

ええとね100万×1.03=1,030,000円じゃないよ
金利が3%だから低いと思ってたらアウトw

私も同じ間違いしてたw経済学部なのにwww

いやー金利の計算自体は知っているんだけど実際お金借りて返す状況にならないとわからないよねw

答えは次回に書こうと思います(゜-゜)


スポンサーサイト
  1. 2010/01/19(火) 20:06:48|
  2. 自作壁紙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

【Blender】ビルの階段【3Dシーン】

以前途中まで作成した階段のシーンをテクスチャのっけて完成させました。

以前はAOのみでしたね。

OldStair_AOO_aporoximate_fall0-100.png

AOの設定がうまくいかずが失敗した例です。

それからモデルをUV展開してテクスチャつけました。
UV展開とテクスチャは3D作成でもあまり好きではない部分だったんですがやってみると
結構楽しいです。

シェーダーとレンダリングはLuxRenderを使用。

����������������3����... on Twitpic

(Twipicに飛びます)

LuxのいいところはLightGroupを設定してレンダリング中でもライトの光量を調節できるところです。
なので何度もレンダリグしなおさなくてもいいところが素晴らしいですね。
ただ納得がいくような仕上がりになるまで非常に時間はかかります。

このシーンをレンダリングする前にテストをしたんですが
どういうテストかというとテクスチャはBlenderで設定したものが反映されるのか
ということと同様にBumpMapはBlenderで設定したのが反映されるのかということです。

テスト結果ではUV展開したテクスチャでもちゃんと反映されていたんですが
LuxBlend側でテクスチャとBumpMap用のテクスチャのフォルダパスを再度指定してやらなければ
いけないみたいです。

BumpMap用のテクスチャはBlenderでテクスチャノードを使ってグレースケール化したんですが
そのグレースケール化したイメージを保存しないとだめなのでめんどいなぁという感じです。。
なのでBumpMap使ってませんw

なんで壁のBrickの光の反射とか影とかのでき具合がちょっと変かなという感じです。

シェーダーの設定が全マテリアルに対して変だなぁと思うんでもうちょっと練習が必要見たいです。



次は人体モデリング中。次こそは完成させるぞ!
  1. 2010/01/17(日) 22:15:55|
  2. 自作壁紙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロゴ【LuxRender】

LuxRenderのテスト。

DB2_20100113194850.jpg

一部オブジェクトが読み込めなかったりして失敗。
でもこれはこれでいいかなと思ったり。

適当にスフィアのプリミティブをグネグネしていたらなんかできましたw
気に入ったので採用!
  1. 2010/01/13(水) 19:50:56|
  2. 自作壁紙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜明けの一歩

ということで寅猫シリーズは一応完成することができました。

http://twitpic.com/xrm0s

虎絵

モデリングはBlenederでコンポジットはAEとフォトショ使ってます。

モデルにリグを仕込んで動かすのは実は初めてでなかなか良いチュートリアルが見つからなく
苦戦していました。
ほんとは別のポーズをとらせたかったんですがこれも結構気に入っているので
簡単なほうにしました。

背景のテキストと草はYafarayでレンダリングし
虎モデルはBlenderでレンダリングしています。

Blederのレンダラではあんまりいい質感がでなかったのとチャンネルごとの合成を
試したかったのでチャンネルごとに出力しました。

静止画なのでexrじゃなくてPNGでそれぞれのパスを
保存すればいいじゃん!っておもったのでexrで保存してませんw

6つのパスをそれぞれ出力しました。

寅合成チャンネル

うまくいくかな~と思ったのですがAOが意外に曲者でエッジの黒い部分がすごい扱いにくく
いろいろ試した結果実際はcolorパスとNormalしか使いませんでしたw

AEのNormalityっていうプラグインを使用して再ライティングしています。
それをカラーパスの上に乗っけるといい感じに。

ただやっぱり合成はまだまだヘタクソだなと思います。もっと勉強しなくては!

その他の合成素材

Kin2.png

Comp.jpg

あと目は自分で書きました@w@

いろんなツールを使いこなせてこそクリエイターだと信じています(え


最初は部屋の一室に猫を置くために作った簡単なモデルがいつの間にかこっちメインになったという話です。


前回の続きですがオスカーの視覚効果賞にノミネートされているDistrict9ですが
低予算映画で有名ですが低いっていっても30億円

日本のGOEMONやよなよなペンギンは制作費15億ですからそれに比べたら倍ですよ奥さん!
アバターは300億だからその10倍。うひゃーハリウッドはケタが違うわ~w
  1. 2010/01/12(火) 20:22:26|
  2. 自作壁紙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンセプトイメージ

以前作ろうと思っていた動画のコンセプトイメージです。

少女

ええ、サッシの通りクラナドのキャラです。
クラナドでMAD作ろうかなぁ~と思っていた時期もありましたがやめました。

でこの画像はその時に動画のコンセプトとして一番初めに作った画像なんですが
途中ほっぽり出していたのですが最近完成させました。

/////////////////////////////////


新しいブログイメージ

2blog_image_sitel.jpg

Sintelのモデルが公開されていたのでDLしました。
http://durian.blender.org/news/sintel-model-2nd-stage-with-blend/

Psで合成してフィギュア風にしてみました。
人体ってこういう風に作るんだなぁと勉強になりました。

ファイルにはリグが仕込まれていなかったのでポーズはそのままですry
  1. 2009/12/28(月) 14:41:21|
  2. 自作壁紙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。