ILO - I love compositing!!

CG,VFX、コンポジットの情報系ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DVD借りてきた

そういえば今日って七夕なんですね。
七夕のイベントを楽しめたのもせいぜい小学校までだったなぁーと思い返す今日この頃です。

昨日はビデオレンダル100円デイだったのでDVD5枚借りてきました。
・ハリーポッターと謎のプリンス
・ブレイド2
・ハッピーフィート
・東のエデンⅠ
・ミスト

ホッタラケとサマーウォーズは人気ありすぎていつも借りれないんですが。。店員さ在庫増やしてください・・
あとティンカーベルと月の石もすごく見たかったんだけど全部なくなっていました;;
さ来週に期待しよう。

でその日にブレイド2とハリポタ見ました。
ブレイド2は以前見たことがあった・・・3にしとけばよかった。
内容はヴァンパイアと人間の混種である主人公が宿敵であるヴァンパイアと手を組んでリーパーズという
新種族と戦う話です。
結構昔(2002年)の映画なんですがVFXがすごいなと思いました。
あとグロいです。頭ぶった切れたり内臓が見えたりと…食事中は見ないことをお勧めしますw



ハリポタはいつもの調子だなと思いました。
相変わらずちぐはぐ感が否めない。いろんな伏線が張られているんだけどそれがうまく回収できていないそんな感じです。
副題も日本では謎のプリンスなんですが英語だとHalf Blood princeで半純潔のプリンスでなんで謎に変えたのか
意味不明です。かっこわるいから??日本語字幕でも半純潔のプリンスになってるんですがね。


しかしVFXは相変わらずすごい、ハリポタはCGだけはほんと飛びぬけてるなと思う。
特に気になったのが始まって最初のカメラが町中を飛び回るショットとかどうやったんだろうと思う。
町や人を全てCGで作ったのかな。でもCGっぽくなかったしわけわからんです。



ブログランキングにご協力おねがいします!
スポンサーサイト
  1. 2010/07/07(水) 11:35:39|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サルゲート

こんばんは。今日実はひやひやしたことがあったんですが、特にどうということもなくて良かったです。

今日はサロゲートを帰りに見てきました。
公開は今日からなんですね~

本当はカールじいさん見たかったんですがうまく時間が合わないのと3Dしかやってなかったので無理でした。
あとメガネかけてたんですが3Dはメガネかけるので2重になるとつらいみたい。
TOHOシネマだったんですが東宝系列の3DってXpanD方式でメガネが非常につらいということなので
それも要因でした。

カールじいさんの公開ってなんばのパークスシネマだと今日までなんですよね…
東宝は知らない。

カールじいさんの空飛ぶ家って制作に5年かかったみたいなんですよね、
ピクサーでは初めての人間愛を描いた映画だそうです。

CGworldのカールじいさんの制作記事見てたらすごい大変だったというのがわかります。
数百基のPC積んでも一コマレンダリングするのに5-6時間かかるとかだってさ。

いつかDVD借りて見ようと思います。

そうそうサロゲート(サルゲートじゃないよ!)は正直微妙でした。
時代設定というかいうのは別にいいんですが話の展開とかつまんなかったな~
黒幕お前かよ!wっていうかんじでした。あと最後らへんの展開は急すぎてすぐに理解できなかったです。
停止ボタン押して巻き戻ししたかったです。

VFXに関しては人間のようなロボットがよくできていたと思います。
あとブルースウィルスの若いころの顔が非常によくできていました。かっこよかったです。
ブルースウィルスの若い頃が見たいっていう方にはおススメします。
ストーリーは正直期待しないほうがいいと思います。


  1. 2010/01/22(金) 20:47:40|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オスカー 視覚効果賞

2009年のオスカーの視覚効果(VFX)候補が出ましたね。

“Avatar”
“District 9”
“Harry Potter and the Half-Blood Prince”
“Star Trek”
“Terminator Salvation”
“Transformers: Revenge of the Fallen”
“2012”

どれもすごい・・・
自分がちゃんと見たのはATATRと2012だけでしょうか。
でもバイトの関係でテレビが近くにあってずっと映画の予告がやっているのでどれも知っています。
実は見に行きたかった映画が多かったんですが都合で行けなかったのもありました。

District9は低予算映画といわれますが非常にVFXの質が高くて有名でした。
FoundryのNukeチャンネルを見てるとDistrict9のメイキングがみれるんですが

http://www.youtube.com/watch?v=YdUWRhxYapY

ほんとこいつはスゲーやって思いますw
EXRによるパスごとの質感調整はここで知りましたし、コンポジット上に3Dジオメトリ
が読み込めるなんて知りませんでした(というかNukeだけなのかな)。

ポイントクラウドっていうまたわけわかめな用語とか出てきますし、ここら辺は
個人の制作では到底触れることがないだろうなぁと思います…
このメイキングを見てコンポジッターの仕事がすごく増えるだろうなぁということでした。

最近VFX系のブログとかよく見てますが、ハリウッド系のVFXスタジオはもうほとんどがNukeですね~。
音楽のPV系のプロダクションとかもNuke導入してるところとか多いみたいです。

the Foundry のTwitterでNukeの次期バージョンのことについて発言がありましたね。
今最終調整段階みたいで1月の月末には出したいとのことです。

http://twitter.com/TheFoundryVFX

NukeもNukeXっていう新しいタイプを出すみたい。
Nuke featureにNuke6とNukeXのことが書かれていました。

http://www.thefoundry.co.uk/features_detail.aspx?ui=CBC2593A-2C9F-4EF9-84BE-C198B0171453

Nuke6は今までの延長線上な感じですね。
NukeXはすべてのツールが含まれているみたいです。

3D camera tracker.Lens distortion tools  FurnaceCoreが太字だったんで
ここらへんが新たに加わったんでしょうかね。

3Dカメラトラッカーまで付いてくるのかw

お値段は…NukeXが6000ドル、円にして50万~60万位?
Nuke6が3500ドル30万位でしょうかね。まぁ買えませんわw

AEがせめて軽くなったらなぁーオモイオモイ


話が横道にそれましたが、とりあえず全部DVD借りてみてみたいです。
特にTransformersは前作の超ファンなんでBlueRayほしいくらいです(再生機ないけど)
変形は男のロマンでしょ!
  1. 2010/01/09(土) 23:54:30|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AVATAR

今日久々に学校行ったついでにアバター見てきました。

場所は三宮のミント神戸。今日はレディスデーということで平日の昼間にも関わらず
たくさんの人が並んでいました。

内容はすごかったの一言!

VFX映画が大好きなのですがVFXだらけでした。
全カットにCG使ってるんじゃないっていうくらいCGが多かったです。

ストーリも面白かったです。ナビィっていう先住民の行動とかが非常に特徴的で良かった。

また世界観がすごい!
ほんとにきれいでした。

ハリウッドのVFX技術はやっぱりすげーです。今日帰りにCG world今月号見てきたんですが
あっちは映像技術をちゃんと評価してもらえるみたいですが、日本はそうではないとのこと(納期と予算…)
そういう環境だからこうも差が出るのかな。資本力もケタに違いますからそれも影響してると思いますが
日本もVFX頑張ってほしいです。

そういえば今回アバターでAEが使われたとどっかの記事に書かれてましたがどういう部分で使ったのかはっきり書かれてませんでした。
AEで映画の実写合成に耐えうるのか…とかなり疑問に。
合成ソフトはNukeも使われたということですからおそらくは実写合成のメインはNukeだったんじゃないかな
と思います。

そういえばNukeの販売元のFoundoryですが、SPIの所有するライティングツール「Katana」を買ったというのは
DD所属のますおさんの記事
http://www.ousam.com/blog/2009/11/01/578

で知っていたのですが、そのKatanaが時期Nukeのバージョン(おそらく6?)にバンドルされる予定だということです!
まぁステキ、これで日本もNukeが普及してくれればいいのになぁ。


今回アバターの最後のスタッフロールからVFXを主に担当したのはウェタみたいです。他にはILMやFlameStoreが
名を連ねていましたが一番上だったのがweta digitalでスタッフの数も一番多かったように思えます。

CGworldでアバターの特集やってたんですが今回ウェタが担当したカット数は1800にも及んだということ、すごいですw


私もCG頑張ばろう~


とまぁ今制作中の虎ですがちょっとずつ進んでいます。

tieger5-1_raytra.png

パーティクルモードで部分的に毛を伸ばしたり増やしたりしました。
操作がスカルプトみたいな感じで楽しいです。このモードもペンタブがあると非常に作業が楽になります。
  1. 2010/01/05(火) 21:23:32|
  2. 映画
  3. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。